永久脱毛は痛みを伴う?

医療レーザー脱毛は、さまざまな波長を持つ光から特に黒い色に反応する光を取り出し、その光を脱毛したい部分に照射すると、光が黒いメラニンに吸収されて熱エネルギーに変換され、その熱で毛根の幹細胞を破壊することで永久脱毛する、というものです。
この熱破壊の際にどうしても痛みを感じてしまいます。
逆に言うと、痛くないということは幹細胞が破壊されていないということであり、そうした方法では永久脱毛効果はないということになります。
サロンで行う脱毛は医療レーザー脱毛に比べればあまり痛くはありませんが、その分脱毛効果も低くなっています。
とはいえ、各クリニックでも痛みを軽減するための努力はしています。
こまめに冷却する、麻酔を使うといった工夫のほかに、テスト照射で痛みを体感してもらうということも行っています。
最近では、毛包だけに集中的にレーザーを照射することでほぼ無痛に近い施術を可能にした最新のレーザー機器も登場しています。

  • 博多 医療レーザー脱毛