医療脱毛の効果は永久に続く?

女性

現在、脱毛を行う施設としては美容クリニックとエステサロンがあります。この両者にはどんな違いがあるのでしょうか。

脱毛の仕組みとして、黒い色に反応する光を照射し、それが毛の黒い色素に反応して吸収され、熱を持って毛根と毛の再生組織である毛乳頭にダメージを与える、というものがあります。 クリニックで用いるレーザーは医療用のものでパワーが強く、毛乳頭をしっかり破壊することができるため、処理後の毛穴から再び毛が生えてくることはまずありません。
したがって、永久脱毛と言ってよいでしょう。一方サロンの方は、機器の出力が弱いため毛乳頭を完全に破壊することはできず、わずかにダメージを与える程度にとどまります。 そのため処理後も再び毛が生えてきてしまいます。

毛乳頭を破壊する、という行為は医療行為と定められているため、医師のいるクリニックでしか行えません。 そのためエステでは毛乳頭にダメージを与える程度のパワーの弱い機器を使用しており、その効果は永久には続かないのです。

なお、永久脱毛には「最終脱毛から2年後の毛の再生率が20%以下である」という定義があり、完全に1本も生えてこないという保証はありませんが、自己処理はほぼ不要になるといってよいでしょう。

  • 博多 医療レーザー脱毛