家庭用レーザー脱毛器の適した体の部位とその相性

最適な身体の部位は

ムダ毛の処理を日常的に行う女性は非常に多くいますが、特に体毛の濃い人にとっては、こうした頻繁な処理は手間や時間のかかるものです。
自己処理を自宅で行う際には、様々な脱毛グッズを使用することになりますが、その種類には非常に多くの物があります。
カミソリや電動シェーバーは、手軽に使用できる反面、すぐにまた毛が生えてくるので、高い頻度で処理を行う必要があります。
また、ワックスやクリームは、肌質によっては肌への負担が大きくなることもあり、思わぬトラブルを引き起こすことにもなりかねません。

家庭用の機器として、最も脱毛効率が高いのが家庭用レーザー脱毛器と呼ばれるものです。
これはクリニックなどの処理と同等の仕上がりにすることもできるもので、また使い続けることで、毛がどんどん薄くなっていくため、お手入れの頻度も徐々に減らしていくことが可能です。

しかし、家庭用レーザー脱毛器は、出力が強いため、体の部位によっては相性が悪い部分もあります。
特に適していない部位としては、VIOラインなど、デリケートゾーンの脱毛です。
この部分は肌が弱いため、出力の強い家庭用レーザー脱毛器で処理を行うと、肌荒れや火傷などとトラブルを起こすリスクがあります。
同様の理由として、顔への使用にも向いていないため、こうしたデリケートな部分は他の方法をとるのが安全です。

  • 博多 医療レーザー脱毛