乾燥肌にするのは禁物

乾燥

医療永久脱毛はさまざまな場所で気軽に行うことができるものになりました。 しかしそこで使用される器具は非常に強力な力を有しているものですから、「たかが脱毛」として考えるのは非常に危険です。 特に注意しなくてはならないのが、皮膚の乾燥についてです。

ではどうして医療永久脱毛と皮膚の乾燥に関係があるのかというと、これは水分が失われてしまった皮膚の状態が関係しています。 通常の人の肌は常に一定量の水分を保持するようにできています。
これによって皮膚はターンオーバーが行われて新しい皮膚が作られ、また外部から照射される紫外線などにも耐えられる皮膚バリアの機能を作っているのです。 しかし乾燥肌になってしまうと皮膚の水分が失われてしまうわけですから、これらの機能は弱くなってしまいます。 この二つのうちより重要な物となるのが皮膚バリアです。

医療永久脱毛の主な方法となっているレーザー・光はどちらも強力なエネルギーを持っています。
しかし皮膚バリアの機能が弱くなり、抵抗力が落ちてしまった肌に対して施術をすると、通常よりも激しい火傷や炎症が引き起こされやすくなってしまうのです。 そのため医療永久脱毛を受けている間は常に保湿を行い、肌を乾燥させないようにしなくてはならないのです。

  • 博多 医療レーザー脱毛