顔の産毛も医療レーザー脱毛で処理できる?

顔の産毛

医療レーザー脱毛では、顔のうぶ毛も処理することができます。
医療レーザー脱毛は黒色にのみ反応するレーザー光を脱毛したい部位に照射し、光が毛根のメラニンに吸収されて熱エネルギーとなることで毛母細胞を破壊して脱毛する、というものなので、顔のうぶ毛のような細い毛は処理が難しいところではありますが、医師がしっかりと肌の状態を見極めながらレーザーの出力を調整して施術するので心配は要りません。
医療レーザー脱毛は毛根だけを選択的に破壊するものなので、周囲の肌へのダメージは最小限に抑えられます。
痛みは輪ゴムでパチンとはじかれる程度と言われていますが、最近では冷却装置を装備したものもあり、痛みは最小限に抑えられています。
照射後にも冷却してから帰宅することになるので腫れやヒリヒリ感などの心配もありません。
脱毛後は毛穴が引き締まってつるつるの肌になり、メイクのノリも良くなります。
また、毛がなくなることによって肌のトーンも上がり、透明感もアップします。

  • 博多 医療レーザー脱毛